【大和リビング株式会社】IoT D-room

IoTエネルギーマネジメントシステム構築

▼PJで何をしたかーーー
IoT住宅の普及から始める、入居者の生活利便性向上し入居者に快適な状態を提供

▼クライアントの業界ーーー
住宅

▼背景・課題ーーー
事業拡大のために、賃貸住宅入居者への入居後のサービスを企画/開発を検討していた

▼役割ーーー
企画支援
・アプリ開発・運用

▼アプローチ・成果ーーー
・「家電コントロール」を行うIoT D-roomアプリをサービス提供
・入居者が快適な室温を維持しつつ、節電が可能な仕組みを構築
・以降、同社は「IoT電力事業」「睡眠改善プログラム提供」「IoT事業推進(周辺事業の展開)」のステップでIoT構想を進めている。

▼リリースURLーーー
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000801.000002296.html
https://news.plusbenlly.com/?p=156
https://www.zenchin.com/news/30ai.php