「今」よりも「未来のあたりまえ」から事業アイデアを生み出す!閃きのヒントと4つのプロセス

顧客に求められ続ける事業アイデアはどうしたら閃くのでしょうか?事業担当者が新規事業のアイデアを考えるときに陥りがちなのが「顧客の現在の課題に焦点を当て、解決策を考える」ということです。

この考え方は、事業アイデアの考え方として間違ってはいませんが、企業経営に大きな影響を与える事業創出にはつながりません。事業担当者が意識しなければならないのは、現在から10年、20年の未来にも通用するような事業アイデアの創出です。

そこで、本資料では”未来の当たり前”からバックキャストして事業アイデアを考える方法を解説します。エクストリームユーザーからヒントを得る方法、顧客の現状把握と課題設定の4つのプロセス解説、バリュープロポジションの推定など基本的な考え方から、実践的な手法まで解説します。

解説資料から一部抜粋

■目次

  1. 未来の顧客のための事業創出とは
  2. エクストリームユーザーが未来の顧客となる可能性が高い
  3. 顧客の現状把握と課題設定の4つのプロセス
    • 顧客の現状把握
    • 顧客の課題と代替手段の理解
    • ステークホルダーを整理する
    • 専門家にヒアリングをする
  4. 収益を出すビジネスモデルの考え方
    • バリュープロポジションの推定
    • 常識を疑う(Connecting the Dots)

無料で資料をダウンロード

上記内容の解説資料をダウンロードしてお読みいただけます。

下記フォームにご記入ください。

「今」よりも「未来のあたりまえ」から事業アイデアを生み出す!

閃きのヒントと4つのプロセスを解説

事業創出・ビジネスモデル変革ならCurationsへ

Curations株式会社はビジネス・トランスフォーメーション”を通じて、ビジネスモデル変革の一歩目となる事業を生み出すプロフェッショナル集団です。“既存事業のアセットと攻めのDXによる新しい収益の創出”を可能にする独自メソッドと、”人材や連携企業のキュレーション“による最適なチーム編成でプロジェクトを成功に導きます。

新規事業、事業企画、事業開発、経営戦略についてお悩みのある方はぜひお気軽にお問い合わせください。