事業創出を最小限のコストとリスクで成功させる!PoC/MVP/MSPによる仮説検証のキホンと4つの手法


事業の成功確率を高めるにはどうすればーー。事業創出はお金と時間が非常にかかりますが、予算は無尽蔵にあるわけではなく、期間も限られています。それでいて、成功確率はとても低いものです。

「事業アイデアにいきなり全予算をつぎ込んで正式にローンチする」その前に、アイデアの価値仮説をできるだけ低コストで素早く検証し、より確度の高いビジネスモデルを構築することが重要です。しかし、事業仮説の検証でつまづいてしまい、ビジネスをスケールさせる段階にたどり着けない事業担当者も多くいます。

そこで、本記事では事業の成功確率を高める仮説検証の方法を徹底解説します。「事業仮説を検証する3つの手法(PoC/MVP/MSP)」「実証時に押さえるべき2つのポイント」など検証手法の基本から、スモークテストやドライテストをはじめとした「事業の成功を確かめる4つの検証手法」までお届けします。

解説記事から一部抜粋

■目次

 ●事業仮説を検証するPoC・MVP・MSPとは
 ●事業の成功確率を高める3つの仮説検証法とは
 ●PoC/MVP/MSPの実証で気をつける2つのポイント
  1. 各用語の定義を揃える
  2. 「早く間違えて、多く学ぶ」の姿勢でのぞむ
 ●事業の成功角度を確かめる4つの検証手法
  1. スモークテスト
  2. ドライテスト
  3. モンキーテスト
  4. ウェットテスト
 ●事業の仮説検証にPoC/MVP/MSPを活かす考え方

無料で資料をダウンロード

上記内容の解説記事をダウンロードしてお読みいただけます。

下記フォームにご記入ください。

『事業創出を最小限のコストとリスクで成功させる!

PoC/MVP/MSPによる仮説検証のキホンと4つの手法』を解説

事業創出・ビジネスモデル変革ならCurationsへ

Curations株式会社はビジネス・トランスフォーメーション”を通じて、ビジネスモデル変革の一歩目となる事業を生み出すプロフェッショナル集団です。“既存事業のアセットと攻めのDXによる新しい収益の創出”を可能にする独自メソッドと、”人材や連携企業のキュレーション“による最適なチーム編成でプロジェクトを成功に導きます。

新規事業、事業企画、事業開発、経営戦略についてお悩みのある方はぜひお気軽にお問い合わせください。