事業の価値検証(MVP・MSP)を成功させる考え方と7つの実践手法を解説

”価値ある事業”を顧客に提供できていないと感じるーー。事業価値の検証活動であるMVP(Minimum Valuable Product:実証可能な最小限のプロダクト)やMSP(Minimum Sellable Product:販売可能な最小限のプロダクト)に取り組むことは重要です。

しかし、多くの事業担当者がMVP/MSPによる価値検証の方法がわからなかったり、実行してもうまくいかずに悩んでいます。

そこで本記事では「事業の価値検証とは何か」「MVPとMSPで押さえるべき2つのポイント」について解説します。また、事業担当者によく使用される「7つの検証手法」もご紹介します。

解説記事から一部抜粋

■目次

 ●事業価値の検証とは何か?
 ●MVPとMSPで押さえるべき2つのポイント
 ●価値を検証する7つの手法
  1. スモークテスト
  2. コンシェルジュ
  3. デザインモック
  4. オズの魔法使い
  5. ベータ版
  6. プリセールス
  7. 営業
 ●価値検証の次は事業のスケールアップ

無料で資料をダウンロード

上記内容の解説記事をダウンロードしてお読みいただけます。

下記フォームにご記入ください。

『事業の価値検証(MVP・MSP)を成功させる考え方と7つの実践手法を解説』を解説

事業創出・ビジネスモデル変革ならCurationsへ

Curations株式会社はビジネス・トランスフォーメーション”を通じて、ビジネスモデル変革の一歩目となる事業を生み出すプロフェッショナル集団です。“既存事業のアセットと攻めのDXによる新しい収益の創出”を可能にする独自メソッドと、”人材や連携企業のキュレーション“による最適なチーム編成でプロジェクトを成功に導きます。

新規事業、事業企画、事業開発、経営戦略についてお悩みのある方はぜひお気軽にお問い合わせください。