事業アイデアを考える人が実践している【 7つの思考法 】を解説

事業コンセプトを実現するためには、たくさんの「アイデア」が必要です。アイデアを出せば出すほど、考えれば考えるほど、事業コンセプトの深度が増し、事業創出の一連の活動も円滑に進んでいくでしょう。しかし、事業創出は時間が限られており、成功角度の高い事業を効率的に生み出さなければなりません。

そこで、本記事では短時間で多くのアイデアを抽出し、検討するための「思考法」をご紹介します。「革新的なアイデアを抽出する3つの方法」「抽出したアイデアを多角的に検討する4つの方法」、「ひらめいたアイデアを事業活動に落とし込むプロセス」に分けて解説します。

解説記事から一部抜粋

■目次

  1. 事業アイデアのひらめきはどのように生まれるのか
  2. 事業アイデアの抽出と検討を促す、7つの思考法
    • アイデア抽出法①トレードオフの統合
    • アイデア抽出法②X for Yのアナロジー
    • アイデア抽出法③常識を疑う
    • アイデア検討法④How might we…?
    • アイデア検討法⑤マレーの欲求リスト
    • アイデア検討法⑥オズボーンのチェックリスト
    • アイデア検討法⑦SCAMPER法
  3. ひらめいたアイデアを事業活動に発展させるプロセス
  4. 事業創出・ビジネスモデル変革ならCurationsへ

無料で資料をダウンロード

上記内容の解説記事をダウンロードしてお読みいただけます。

下記フォームにご記入ください。

『事業アイデアを考える人が実践している【 7つの思考法 】を解説』

事業創出・ビジネスモデル変革ならCurationsへ

Curations株式会社はビジネス・トランスフォーメーション”を通じて、ビジネスモデル変革の一歩目となる事業を生み出すプロフェッショナル集団です。“既存事業のアセットと攻めのDXによる新しい収益の創出”を可能にする独自メソッドと、”人材や連携企業のキュレーション“による最適なチーム編成でプロジェクトを成功に導きます。

新規事業、事業企画、事業開発、経営戦略についてお悩みのある方はぜひお気軽にお問い合わせください。