4社の企業事例から学ぶ!事業創出の要「コンセプト設定」を失敗させないポイント

事業創出において「コンセプト設定」は必要不可欠です。しかし、事業アイデアの着想を促すような「良いコンセプト」を設定するには、事業活動の現状と理想の間にあるギャップを分析し、適切に問題を設定することが必要です。

そこで本記事では、良いコンセプト設定のための5つのチェックポイントをご紹介します。4社の事例を挙げながら、市場や顧客ニーズを捉えたビジョン、ミッション、パーパス、バリューの定義について考察します。そして、考察内容を踏まえた「イシュー起点」の思考方法を解説します。

■目次

  1. 事業創出において「コンセプト設定」が必要な理由
  2. コンセプト設定の5つのチェックポイント
    企業事例①メガネスーパー
    企業事例②丸井グループ
    企業事例③ライオン株式会社
    企業事例④スターバックスコーヒー
  3. 「イシューの設定」で現状と理想のギャップを分析
    イシューを設定するときの落とし穴
  4. 事業創出・ビジネスモデル変革ならCurationsへ

上記の目次は、記事をダウンロードしてお読みいただけます。

ダウンロードする(PDF形式)

解説記事から一部抜粋

事業創出・ビジネスモデル変革ならCurationsへ

Curations株式会社はビジネス・トランスフォーメーション”を通じて、ビジネスモデル変革の一歩目となる事業を生み出すプロフェッショナル集団です。“既存事業のアセットと攻めのDXによる新しい収益の創出”を可能にする独自メソッドと、”人材や連携企業のキュレーション“による最適なチーム編成でプロジェクトを成功に導きます。

新規事業、事業企画、事業開発、経営戦略についてお悩みのある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら