今の利益よりも未来のニーズに向き合う、ビジネス・トランスフォーメーションの事例

成熟企業の持続的な成長には、ビジネストランス・フォーメーションが必要です。ビジネス・トランスフォーメーションとは、変化が激しい時代において、ゼロイチで新規事業を立ち上げるのではなく、既存事業を未来のマーケットに対して変化させる探索活動です。

既存事業で培った資産を活かして、未来の市場や顧客のニーズにフィットした事業を創出するには、顧客理解と精度の高い未来予測が欠かせません。

そこで本記事では、成熟企業の事業創出に欠かせない考え方である「ビジネス・トランスフォーメーションの基本」と「未来の市場予測、顧客行動を理解するための思考法」そして「具体的な行動プロセスとしてのデザイン思考の概要」について解説します。

■目次

  1. ビジネス・トランスフォーメーションとは
    両利きの経営の成功事例:Netflix
    両利きの経営の失敗事例:ウォークマン
  2. 未来の市場や事業を予測するには
    顧客行動の変化:飲食店のイートイン
  3. 未来に必要なビジネスを設計するデザイン思考
    デザイン思考以外の「イノベーションプロセス」
  4. ビジネス・トランスフォーメーション・プロセスとは

上記の目次は、記事をダウンロードしてお読みいただけます。

ダウンロードする(PDF形式)

解説記事から一部抜粋

事業創出・ビジネスモデル変革ならCurationsへ

Curations株式会社はビジネス・トランスフォーメーション”を通じて、ビジネスモデル変革の一歩目となる事業を生み出すプロフェッショナル集団です。“既存事業のアセットと攻めのDXによる新しい収益の創出”を可能にする独自メソッドと、”人材や連携企業のキュレーション“による最適なチーム編成でプロジェクトを成功に導きます。

新規事業、事業企画、事業開発、経営戦略についてお悩みのある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら