「今」よりも「未来のあたりまえ」から事業アイデアを生み出す!閃きのヒントと4つのプロセス

顧客に求められ続ける事業アイデアはどうしたら閃くのでしょうか?事業担当者が新規事業のアイデアを考えるときに陥りがちなのが「顧客の現在の課題に焦点を当て、解決策を考える」ということです。この考え方は、事業アイデアの考え方として間違ってはいませんが、企業経営に大きな

事業の収益化はこれで決まる!最重要顧客”アーリーアダプター”の捉え方

顧客の特定で事業価値がほぼ決まるーー。事業の立ち上げにおける「顧客特定」は、その後の事業活動、収益化の成否を決めるターニングポイントとなります。中でも重要なのは「アーリーアダプターの特定」です。アーリーアダプターは自身の課題を解決することに貪欲な層であり、他の消

事業創出を最小限のコストとリスクで成功させる!PoC/MVP/MSPによる仮説検証のキホンと4つの手法

事業の成功確率を高めるにはどうすればーー。事業創出はお金と時間が非常にかかりますが、予算は無尽蔵にあるわけではなく、期間も限られています。それでいて、成功確率はとても低いものです。「事業アイデアにいきなり全予算をつぎ込んで正式にローンチする」その前に、アイデアの

ペルソナ設定は意味がない?真の顧客インサイトを得る【デザイン思考】と成功事例

「事業アイデアを実証するために作った『ペルソナ』が活用できない」多くの事業担当者から寄せられるお悩みです。残念ながら、ペルソナで定めた顧客に向けてアイデア実証をしても十分な効果は得られません。それは、ペルソナが実在しない空想の顧客像だからです。実態の伴わないペルソナでは

事業アイデアを考える人が実践している【 7つの思考法 】を解説

事業コンセプトを実現するためには、たくさんの「アイデア」が必要です。アイデアを出せば出すほど、考えれば考えるほど、事業コンセプトの深度が増し、事業創出の一連の活動も円滑に進んでいくでしょう。しかし、事業創出は時間が限られており、成功角度の高い事業を効率的に生み出さなければなりま

4社の企業事例から学ぶ!事業創出の要「コンセプト設定」を失敗させないポイント

事業創出において「コンセプト設定」は必要不可欠です。しかし、事業アイデアの着想を促すような「良いコンセプト」を設定するには、事業活動の現状と理想の間にあるギャップを分析し、適切に問題を設定することが必要です。そこで本記事では、良いコンセプト設定のための5つのチェックポイ

今の利益よりも未来のニーズに向き合う、ビジネス・トランスフォーメーションの事例

成熟企業の持続的な成長には、ビジネストランス・フォーメーションが必要です。ビジネス・トランスフォーメーションとは、変化が激しい時代において、ゼロイチで新規事業を立ち上げるのではなく、既存事業を未来のマーケットに対して変化させる探索活動です。既存事業で培った資産を活かして

旭化成『Mr.電子コンパス』山下氏に学ぶ【後編】   パーパス設定と技術マーケティングが新規事業に必要な理由

『Mr.電子コンパス』こと山下昌哉氏と、成熟事業を持つ大企業に向けてデザイン思考などのイノベーション提案を行う”Pinky”こと荒井宏之が「技術者が新規事業に取り組む時のデザイン思考活用方法」を対談形式で【前編】・【後編】に分けてご紹介します。【前編】では、世界のスマー