実践デザイン思考! 技術者が新規事業に取り組む時

お知らせ

技術者が新規事業を成功させるヒントは「デザイン思考」にあり

R&D発の新規事業創出に挑戦する成熟企業、メーカーは数多く存在します。
研究者達の持つ新技術は「未来のあたりまえ」をつくる可能性を秘めており、成功すれば会社にとって大きなアドバンテージになり得ます。

しかし、研究者側からすると、自分が研究しているものと、
それを何らかの形で市場に出した時に「収益が上げられるか?」という問いは相当な距離があり、
何から考えれば良いか途方に暮れてしまうことが散見されます。実は、これを解決するヒントは、デザインシンキングにあります。

今回は、旭化成の“Mr. 電子コンパス” こと山下昌哉氏をお招きし、山下氏のこれまでの取り組みをデザイン思考と照らして分解し、技術者が新規事業に取り組む際のあるべき姿を明らかにしていきます。

R&Dで急に新規事業に取り組むことになった研究者の方、これから指示を出そうとしている経営者や管理職の方、必見です。

お申し込みはこちらから

【このような方におすすめ】

・経営者
・新規事業責任者
・経営企画室長
・DX推進責任者
・事業担当執行役員
・プロジェクトマネージャー

【スピーカー】

旭化成株式会社 
マーケティング&イノベーション本部 (兼務)
研究・開発本部シニア イントラプレナー(イノベーション アーキテクト)
山下 昌哉 氏

東京大学大学院物理工学専攻博士課程を修了し旭化成に入社以来、
「世界に新しい社会価値を提供し、社内に新しい事業を創出する」 ことを実践してきた、新規事業のエキスパート。
『 MRI (磁気共鳴断層像撮影装置)』、 『 LIB (リチウムイオン電池)』 という二つのテーマに技術者として世界の最先端を競う製品開発に携わる。
その中で、企業として事業開始から撤退に至るまで約8年間の挑戦を2度経験する。
その後、3度目の正直で 『 電子コンパス 』 のテーマ提案を自らが行い、責任者として技術開発だけでなく市場拡大までリードした結果、上市以来世界トップシェアが18年以上続く 「安定した新規事業の創出」を果たす。
近年では、将来の社会課題から生まれる新しい価値を見い出して、
新規事業を創出する「思考プロセスのデザイン」ができる組織や人材の育成に努める。
受賞歴:2012年全国発明表彰恩賜発明賞、2015年春の紫綬褒章。

キュレーションズ株式会社  プリンシパル 荒井 宏之 Hiroyuki Pinky Arai
新規事業の何でも屋。
スタートアップ複数社にてWeb、O2O、IPライツ、コンテンツ、食品、健康食品、化粧品、ファッションなどの事業立ち上げを経験した後、成熟事業を持つ大手企業に対して外部パートナーとして、新規事業領域の戦略策定、研修・セミナーの企画・運営、事業創造プログラムの企画・運営、ビジネスデザインなどを通じて、成熟事業のデジタルを活用したビジネス・トランスフォーメーションの実現に注力。

【開催概要】

開催日: 2021年9月15日 (水) 17:00〜18:30
参加料:無料
視聴方法:Zoomでのオンライン配信

【運営】

キュレーションズ株式会社
“ビジネストランスフォーメーション(BX)”を通じて,ビジネスモデル変革の一歩目となる事業を生み出すプロフェッショナル集団です。“既存事業を活かした新しい収益の創出”を可能にする独自メソッドと、人材や連携企業の”キュレーション“による最適なチーム編成でプロジェクトを成功に導きます。これまで、日立製作所様、三菱地所様、Sony様、NEC様など、数多くの企業様のご支援をさせていただいております。
コーポレートサイトにて、新規事業やプロジェクトマネジメント・経営に関するコラム記事やお役立ち資料を無料で公開しておりますので、ぜひこちらもご覧くださいませ。

※本セミナーの参加者に関する情報は、キュレーションズ株式会社が管理いたします。

お申し込みはこちらから

関連記事