プロジェクトについて

チームを組成し、
"まず、やってみる"。

潜在顧客と共にアイデア創出やプロトタイプ制作、コンテンツ開発からプロモーションまで
「共創」を継続的に実践し、より良いサービスになるよう進化と変化を続けます。
目的は新しい顧客体験を共創し、成長事業を創ること。

Planning

サービスや事業のプランニングフェーズではクライアント企業と共創し、仮説を構築します。このフェーズで想定する潜在顧層客を決め、様々な視点で分析し、仮説精度を高めていきます。

Co-Creation

リアルターゲットとの共創フェーズ。MVPを用いて潜在顧客とのコミュニケーションを行います。プロトタイプサービスのローンチをゴールに、様々な視点で実験し、仮説精度を高めていきます。
※ MVP : 「Minimum Viable Product」の略。「検証に必要な最低限の機能を持った製品」という意味。

Development

要件定義、WEB/Applicationのプロトタイプ開発フェーズ。潜在ユーザからのフィードバックを通じた継続的なアプリケーション精度の向上作業を見据え、スピーディーなプロトタイプのローンチを第一義に開発します。

Agile

アジャイル開発を採用することで、仕様追加、要件変更によるコスト高のリスクを回避します。これにより潜在顧客にサービス内容、クオリティのヒアリングを続けながら仮説検証を繰り返し、開発し続けることが可能となります。

Running

運営体制の構築フェーズ。運用フェーズではPDCAをクイックに回してブラッシュアップを図ります。プロジェクトのフェーズにあわせたスキルセットのメンバーをチームアップし、新たな成長事業の創造を目指します。